活用したい

ガソリンスタンドにのぼり旗を設置するメリット

のぼり旗

車を動かすためにはガソリンが必要になりますので、頻繁に
ガソリンスタンドに立ち寄る人は月に何回も立ち寄るようになります。

頻繁にガソリンを継ぐとなると、毎月のガソリン代もかなりの金額になるでしょう。

ガソリン代というのは、お店によって価格が違いますので、少しでも安く
給油できるところを探している人もいます。

ガソリンスタンド

例えば、50リットルを満タンにしようと思えば、1リットル当たりの価格が
5円違えば250円もの差が出ることになりますので、安く給油できると
かなりのメリットになります。

これが月に10回給油するとなると、2500円もの差が出ますので
大きな差になるといえるでしょう。

少しでも安くガソリンを継ぎたいと思っている人は、道路を走りながら
ガソリンスタンドののぼり旗をチェックしている人もいます。

通りすがりにのぼり旗を目にしたことによって、立ち寄ってくれる人も
いますので、ガソリンスタンドにとっては、のぼり旗を出すことはメリットにつながります。

伝わる

例えば、本日特売日といった内容ののぼり旗であれば立ち寄りたくもなりますし、
営業時間などが記載されていれば、夜遅くに給油をしたいときに
思い出して立ち寄ってくれるかもしれません。

のぼり旗を出しておくことはメリットを生むことになりますので、いろんな内容の
のぼり旗を作るようにしてみるといいでしょう。

日替わりでのぼり旗の内容を変えるようにすれば、いろんな情報を
与えることが出来ますので、ますますメリットが出てきます。

子供に説明したいこいのぼりの由来や意味


以前は五月五日「端午の節句」に多くの家庭が、子供の立身出世を
願うものとして、庭先に鯉幟を上げていました。

祖父母が男の子の誕生をお祝いして、鯉幟を真っ先に購入し庭先に上げて楽しんでいました。

そんな鯉幟ですが、核家族が多くなりコンパクトな家が増加してきた今では
地方に行かないと風情ある大きて勢い良くたなびく鯉幟は見受けられなくなりました。

鯉のぼりは、鯉の形を模した幟旗です。
男の子が将来出世し健康でありますようにとの願い事です。

庭先に飾られる鯉のぼりは、さつきのぼりや、鯉の吹き流しなどとも呼ばれます。
端午の節句は古い行事で奈良時代から始まりました。

端午の意味は五月の初めの午の日という意味でしたが、現代では五月五日になりました。
昔は和紙に鯉の絵を描いたものでしたが、時代になると破れない綿製の鯉のぼりが生まれ、
雨にぬれても色落のしない化学繊維となったのは昭和30年代です。

鯉幟には、男の子が生まれました。
神様どうぞこの子をお守もりください、との親の願いがあります。