活用したい

インクジェット印刷の場合の納期

のぼり旗

のぼり旗インクジェットの注文をした時に気になることといえば金額のことですが、
人によっては納期が気になるという場合もあるでしょう。スピーディな配送

急ぎでのぼり旗インクジェットを手に入れたい時には、
なるべく早く発送してもらいたいものです。

なお、オリジナルのデザインののぼり旗インクジェットを注文した場合には、
通常だと5営業日ぐらいに発送手続きをしてくれるものです。

通販サイトでは、翌日に届くように手続きをしてくれたり、
当日に届くように手続きしてくれることもありますから、
5営業日だとタイミング的に遅いと感じてしまう人もいるでしょう。

土日は休業日で手続きを行わないという業者もありますから、
土日をまたいで注文を終えた場合には、6日後の発送になってしまうことになり、
随分と遅く感じてしまうことでしょう。

イベント当日に間に合わないということが出てくることもあるでしょうから、
気を付けておきたいところです。料金の変動

ちなみに、叔父デザインののぼり旗インクジェットの納期として
とても早い対応というのは、翌営業日の発送です。

月曜日に注文・校正が完了した場合には火曜日の発送となり、
金曜日でも月曜日の発送となりますから、かなり早く
のぼり旗インクジェットを受け取ることができると言えます。

ただし、急ぎで発送をしてもらう場合には、特別料金が発生することがありますので
注意しておきたいところです。

本当に急ぎで送ってもらわないとまずいという時は仕方ないですが、
受け取るタイミングに関して余裕があるのであれば、通常のプランで十分でしょう。

 

日本における「曜日」の概念は空海にあり!

曜日の概念は、現在のイラクに位置するティグリス川とユーフラテス川下流に栄えたシュメール人によって生み出されたとされた事から、
古代バビロニアに縁が深いユダヤ教徒を経てキリスト教徒に伝播したと考えられ、隋が建国される迄の南北朝時代の中国を経て
日本に伝来たとされる大乗仏教の秘密教である密教に由来します。

密教は、唐の長安に位置する青龍寺の住職にして密教の第七祖である恵果和尚から9世紀初め遣唐使であった空海が密教の全て授かると共に
遍照金剛の灌頂名を授かった事で真言密教を確立します。

大師は、日本に帰国する際に恵果から授かった法具など13点に加えて宿曜経などの密教の経典を日本に持ち帰ったとされ、
宿曜経に起因して日本の曜日の概念が全国に広まったとされています。

宿曜経は、文殊菩薩やバラモン教の聖者達が物事の吉凶を占い解読する為に記した重要な経典であり、インド占星術の入門書として
759年に唐の高僧で不空金剛と呼ばれるアモーガヴァジュラによって中国語に訳されている経文です。

宿曜経は、二十七宿や十二宮に関する解読だけで無く、7つの天体である七曜や七曜を守護する日である曜日などについて記載されています。
曜日は、宿曜経に由来して天体名が曜日名となっており、曜日の概念は空海の真言密教にあります。