活用したい

気になるのぼり旗の素材

のぼり旗

のぼり旗は使用する場所や目的に合った素材を選ぶことで
最適な効果を得ることができます。

のぼりの作成は使用する生地によっても価格に差があり、
使用できる日数にも大きな差が出てきます。

のぼり旗を作成するときに利用する素材の違いによって
使用できる環境への対応も変わってくるので、価格だけで
購入を判断するのは注意が必要です。

屋内で使用される横断幕や懸垂幕とは違ってのぼりは屋外で
使用する場合が多く、使用する記事の候補は狭まってきます。

のぼりは屋外における視認性が重要で、歩いている人だけでは
なく車を運転しているドライバーに対しても瞬時に内容が
わかるようなデザインが採用されます。

目立つ

のぼり旗の屋外での使用に耐えられる素材はインクの浸透性や
両面印刷が可能な生地を使えば認知度は上がり、宣伝効果も
さらに高くなります。

特殊加工した生地は印刷結果の反応もよく視覚的に非常に
目立ちます。

カラーが生える生地はデザインのメリハリがついて文字の
認識率が高くなります。

フルカラーデザインを使用するのぼりには、写真データを
採用するとより効果の上がるのぼり旗を作成することができます。

のぼりで何を周囲に伝えたいかを決めるには、材質の違いも
考慮しなくてはいけません。

素材

表面加工された生地は屋外で使用できないこともあり、
設置場所が風の通り道になっているようなところでは
柔軟性のある材料を試して見ることが大事です。

風の影響を受けにくい生地を考えることは宣伝広告のために
設置する場合、視認性に影響する重要なポイントになります。

通常より厚めの生地や材料などを考え、デザインの内容を
考えることが大切です。

のぼりは生地により印刷の濃淡や文字の輪郭などに違いが
現れます。

安い価格の記事ばかり選んでいると印刷本来のカラーが
出にくかったり、見た目の印象に関わる影響が出ることも
あるので、値段だけの検討で選ぶことは避けるべきです。

印刷物は総合的な効果で評価し、条件に合った後方から
選択することが重要になります。